ボトムス

大人の男性に似合う【ショートパンツ】の着こなし方とメンズコーデを紹介

気温の高い季節になると履きたくなるボトムスとしてショートパンツがあります。

確かに涼しく快適なのですが、大人が履く場合には着こなし方に注意が必要です。

着こなし方によっては、カジュアルになり過ぎてだらしなく見えたりいい年をして子供っぽく見えたりしてしまいます。

今回は、大人の男性に似合うショートパンツの着こなし方のコツと、参考メンズコーディネートをご紹介します。

大人の男性に似合う【ショートパンツ】の着こなし方

カーキショートパンツショートパンツいわゆる短パンは、丈が短く(膝~膝上程度)、肌の露出の多いカジュアルなアイテムです。

涼しく楽に着用できるので暑い夏の休日服としては定番ですが、合わせるアイテムを間違えると着こなしがだらしなく、子供っぽく見えてしまう中々難しいアイテムでもあります。

選び方としては、丈は膝から少しだけ上程度の短すぎないものを選び、シルエットはあまりタイトなものよりも少しゆとりのあるものの方が、合わせるアイテムを選ばずに着こなしやすいのでおすすめです。

色はなるべくベーシックな色で、柄ではなく無地の方が大人には似合います。具体的には、ブラック・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキ辺りを選べば問題ありません。

着こなし的には、カジュアルになり過ぎないようにバランスを取る必要がありますので、具体的にショートパンツに合わせるのは避けたほうが良いNGなアイテムと、合わせも問題ないOKなアイテムをご紹介します。是非参考にしてみてください。

【ショートパンツ】に合わせるのはNGなアイテム

  • タンクトップ
  • プリント・柄物のTシャツ(ボーダーも含む)
  • サンダル(レザーサンダル以外)

タンクトップ

タンクトップタンクトップ×ショートパンツは、涼しさに関しては最高ですが、着こなしはかなり難しいので避けた方が無難です。

部屋着のようにだらしなく見え、体を鍛えていたとしても肌の露出が多すぎて女性受けも悪いのでおすすめしません。顔とスタイルに自信があれば別ですが……。

プリント・柄物Tシャツ(ボーダーも含む)

ダサいTシャツ緑のたぬきに罪はありませんが、これも避けた方が良いアイテムです。

Tシャツ自体がカジュアルなアイテムですが、さらにプリントや柄物(ボーダーなども含めて)Tシャツを選んでショートパンツと合わせると、かなり子供っぽく、夏休みの小学生のような着こなしになってしまいます。

部屋着として使うのは自由なので、外出着としては選ばない方が良いアイテムです。

サンダル(レザーサンダル以外)

クロックスやクロックスもどきのようなラバー素材のサンダルとショートパンツの組み合わせは、アウトドアなどで着用するには問題ありませんが、街着としてはカジュアル過ぎるので避けた方が良い組み合わせです。

街中でショートパンツにサンダルを履く場合は、レザー素材の落ち着いた雰囲気のものを選ぶとカジュアルになり過ぎないのでおすすめです。

【ショートパンツ】に合わせるのはOKなアイテム

  • 無地Tシャツ
  • 半袖ニット
  • リネンシャツ
  • ローファーまたはレザースニーカー

無地Tシャツ

Tシャツはカジュアルなアイテムですが、無地を選ぶとショートパンツと合わせても子供っぽくなり過ぎずにコーディネートできます。

色はホワイト・ブラック・ネイビーが合わせやすいですが、特にホワイトは清潔感もあり爽やかなのでおすすめです。

少し厚手のハリのあるTシャツを選べば、体の線を拾い過ぎないので体型隠しにもなります。

半袖ニット

半袖ニットはTシャツよりも大人っぽく落ち着いた印象で、取り扱いもTシャツ感覚で着用できるのでおすすめです。

素材はコットンやリネン(麻)が多く、ハイゲージ(目の細かい)ニットの方がシックに見えますが、目が粗めのニットは通気性も良く夏場向きです。

お好みでどちらを選んでも問題ありませんが、こちらも柄入りではなく無地をおすすめします。

リネンシャツ

リネン(麻)は通気性や吸湿性に富んだ夏に適した素材で、ショートパンツとも好相性です。

シャツはTシャツよりもきちんとして見え、だらしなく見えないのが良いところです。気温が許せば長袖のリネンシャツを腕まくりしても良いですし、半袖のオープンカラー(開襟)シャツでも大丈夫です。

個人的には長袖リネンシャツとショートパンツは好きな組み合わせです。

ローファーまたはレザースニーカー

ショートパンツに合わせる靴としてはスニーカーで問題ありませんが、より大人らしい落ち着いた着こなしにはローファーやレザースニーカーが適しています。

ローファーやレザースニーカーは上品な雰囲気で、着こなしに取り入れた場合ショートパンツのカジュアルな雰囲気を和らげてくれるのでおすすめです。

ショートパンツ】の参考メンズコーディネート

ショートパンツに合わせるのにNGなアイテムOKなアイテムをご紹介しましたが、ここからはOKなアイテムを使った参考コーディネートをご紹介します。

無地Tシャツ(ホワイト)×ショートパンツ(ベージュ)×レザースニーカー(ブラウン)

ベージュショートパンツ コーディネート少し野暮ったいベージュのショートパンツも、ホワイトTシャツのおかげで清潔感のある印象で、足元はレザースニーカーを合わせた大人らしい雰囲気です。

半袖ニット(ホワイト)×ショートパンツ(カーキ)×ローファー(ベージュ)

カーキショートパンツ コーディネート半袖ニットとローファーが落ち着いた雰囲気で、クラッチバッグが着こなしのアクセントになっています。

バッグを持つ場合、ウエストバッグやボディバッグよりもクラッチバッグやレザートートの方が、カジュアルになり過ぎずにバランスを取れます。

半袖ニット(ブラック)×ショートパンツ(ベージュ)×ローファー(ブラック)

ベージュショートパンツ コーディネートトップスと靴・バッグの色をブラックで合わせているので、シックな印象です。ショートパンツのカジュアルさ引き立つ着こなしです。

半袖ニット(ネイビー)×ショートパンツ(カーキ)×ローファー(ブラウン)

カーキショートパンツ コーディネートTシャツの軽快さはローファーとの合わせ方がやや難しいですが、半袖ニットの落ち着いた雰囲気はローファーとも良く合います。

長袖リネンシャツ(ブラウン)×ショートパンツ(ベージュ)×レザースニーカー(ブラウン)

ベージュショートパンツ コーディネートブラウン~ベージュの同系色でまとめた着こなしで、足元のレザースニーカーで少し軽快さを演出します。

腕まくりして肌の露出を増やすと、夏らしい雰囲気になります。

長袖リネンシャツ(ブラック)×ショートパンツ(カーキ)×ローファー(ブラック)

カーキショートパンツ コーディネート色数も少なくシンプルな着こなしですが、個人的に一番好きな組み合わせです。

ブラックを使うとショートパンツを合わせても、カジュアル過ぎずにシックにまとまるのでおすすめです。

おわりに

今回は、大人の男性に似合うショートパンツの着こなし方のコツと、参考メンズコーディネートをご紹介しました。

NGなアイテムを避けて、ショートパンツの着こなしのコツが分かればコーディネートは難しくありません。

是非、夏場に大人っぽくショートパンツを履きこなすための参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です