小物

【UNIQLO/ユニクロ】ベリーショートソックス2種類をレビュー

スニーカーやローファーを履く際に、素足のように見せることのできるベリーショートソックス

今まで色々な商品を履いてきましたが、近年はUNIQLO(ユニクロ)の靴下を選んでいます。

価格・脱げにくさ・入手性が優れているので愛用しているのですが、今回はユニクロのベリーショートソックスから、2種類の商品を比較しながらご紹介します。

【UNIQLO/ユニクロ】「ベリーショートソックス」と「ウラパイルベリーショートソックス」

UNIQLO(ユニクロ)ベリーショートソックスご紹介するのは、ベリーショートソックス(上段)ウラパイルベリーショートソックス(下段)です。

商品名はどちらもベリーショートソックスとなっていますが、素材・形・厚さなどが異なりますので注意が必要です。

価格はどちらも同じ、1足で429円(税込)3足で1,089円(税込)です。

ベリーショートソックス

ベリーショートソックスの素材は、綿61%・ナイロン28%・ポリエステル6%・ ポリウレタン5%を使用しており、薄手の生地です。

重さは、1足当たり16gでした。

かかと部分に、面状にすべり止めが加工されているので脱げにくくなっています。

ウラパイルベリーショートソックス

ウラパイルベリーショートソックスは、商品絵型の下に「裏パイル仕様」と記載されています。

店舗でお買い求めの際は、間違えないように注意しましょう。

ユニクロオンラインストア上では、ウラパイルベリーショートソックスの商品名で販売されています。

ウラパイルベリーショートソックスの素材は、綿79%・ナイロン14%・ポリエステル5%・ ポリウレタン2%で、裏側がパイル地(タオル地)になっている分ベリーショートソックスよりもやや厚手です。

重さは、1足当たり21gでした。

裏側が厚手になっているので、重さに反映されています。

こちらの商品も、かかと部分にすべり止めが加工されています。

形の違い 浅履きと深履き

2種類の靴下では、素材だけでなく形も異なりますので、注意が必要です。

上段:ベリーショートソックス

下段:ウラパイルベリーショートソックス

履き口の深さ(広さ)が違い、ベリーショートソックスは深いウラパイルベリーショートソックスは浅い足入れです。

着用した場合の比較

左足:ベリーショートソックス

右足:ウラパイルベリーショートソックス

足の甲の部分を見ると、ベリーショートソックスの方が甲を覆う部分が大きいのが分かります。

ベリーショートソックスの側面。

ウラパイルベリーショートソックスの側面。

ローファーを履いた場合の参考

ローファーにベリーショートソックスを履いた場合は、少し靴下が見えてしまいますので、見映えがあまり良くありません。

スニーカーなど、甲の部分が長い靴だと完全に見えなくなるので問題ありません。

ローファーにウラパイルベリーショートソックスを履いた場合は、まったく靴下が見えない状態ですので、素足のように見えます。

おわりに

今回はユニクロのベリーショートソックス2種類をご紹介しました。

個人的には、スニーカーを履く際にはベリーショートソックス、ローファーを履く際にはウラパイルベリーショートソックスを履き分けています。

年々改良され、より履き易くなっている商品ですので、脱げにくい靴下をお探しの方は一度お試しになってはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です