トップス

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツをレビュー

昨年購入したGUNZE(グンゼ)Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツが良くできた商品だったので、夏に向けて追加で購入しました。

今回は「in. T」の特徴と、同じインナーのUNIQLO(ユニクロ)エアリズムとの比較をご紹介しますので、夏のインナー選びの参考にしてみてください。


【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツとは

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ肌着メーカーのGUNZE(グンゼ)から発売されている「in. T」汗取りパッド付Tシャツは、汗ジミや透けを防止するTシャツ専用のインナーです。(品番YV2613P)

襟・袖・裾に縫い目がないのでTシャツのシルエットにひびきにくく、インナーの着用を感じさせないのでストレスなく着用できます。

商品ラインアップに袖のないスリーブレス型もありますが、ご紹介するのはTシャツ(短袖)型です。

価格は1,980円(税込)とインナーとしては安くありませんが、機能性に優れており、Tシャツの着用機会が増える夏場に活躍します。

色展開はクリアベージュ・ブラック・スモークオレンジの3色です。

黒Tシャツのインナーにはブラック、日焼けした肌にはスモークオレンジが馴染みそうです。私は白Tシャツのインナーに着ても目立ちにくい、クリアベージュを購入しました。

サイズはM(胸囲88~96)・L(胸囲96~104)・LL(胸囲104~112)の3サイズで、私は173cm・60kgでMサイズを選んでいます。

インナーですのでタイトな着心地です。締め付けられるのが苦手な方はワンサイズアップをおすすめします。

「in. T」汗取りパッド付Tシャツの特徴

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ素材は、ポリエステル35%・綿30%・レーヨン20%・ポリウレタン15%、ストレッチの効いたしっかりした生地感です。

綿が30%で後は化学繊維ですので、肌の弱い方は注意が必要です。

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ ネック襟元がかなり広く袖が短いので、Tシャツから見えにくくなっています。

縫い目は袖ぐりと肩線のみで、その他の部分には縫い目がないCUT OFF®仕上げです。

※カットオフ®(CUT OFF®)はグンゼの特許技術のようです

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ 汗取りパッド裏返した状態。脇部分に汗取りパッドが付いていますので、Tシャツの脇部分への汗染みを抑えます。

私はかなり汗かきなので正直汗取りパッドだけでは足りませんが、付いているのといないのとでは汗染みの目立ち具合が違ってきます。汗かきにはありがたい機能です。

白Tシャツに着用した場合、ベージュは肌とのコントラストが少ないのでインナーが目立ちにくいです。

襟元が広く袖も短いので、Tシャツからはみ出て見えることがありません。

【UNIQLO/ユニクロ】エアリズムマイクロメッシュVネックTと比較

同じインナー用Tシャツ、UNIQLO(ユニクロ)エアリズムマイクロメッシュVネックTと比較してみます。

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ 比較左側:「in. T」 右側:エアリズムマイクロメッシュVネックT

「in. T」はUネック、エアリズムはVネックです。色は「in. T」の方が濃いベージュです。

生地と縫い目の違い

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ 重さ UNIQLO(ユニクロ)エアリズムマイクロメッシュVネックT 重さ「in. T」は生地がしっかりしており約97gです。エアリズムはメッシュ生地でかなり薄手で約58gです。

「in. T」の方が厚手の生地ですので少し暑く感じるかもしれませんが、汗の吸収が良い生地です。

エアリズムは薄手で涼しい生地ですが、ナイロン83%・ポリウレタン17%ですので汗は吸収しにくい素材です。

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ 比較エアリズムは脇に縫い目がありますが、「in. T」には縫い目がないので着心地に少し影響します。また、エアリズムには汗取りパッドが付いていませんので、汗かきの方には「in. T」の方がおすすめです。

ネックの広さを比較

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ ネックUNIQLO(ユニクロ)エアリズムマイクロメッシュVネックT ネック襟元の幅は、「in. T」が約20cm、エアリズムが約17cmです。

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ ネックUNIQLO(ユニクロ)エアリズムマイクロメッシュVネックT ネック襟の深さは、「in. T」が約16cm、エアリズムが約18cmです。(肩の高さから計測)

【GUNZE/グンゼ】Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツ ネックUNIQLO(ユニクロ)エアリズムマイクロメッシュVネックT ネック肩線の幅は、「in. T」が約9.5cm、エアリズムが約12cmです。

エアリズムの方がやや深い襟ぐりですが、「in. T」は襟元の幅も広いので、Tシャツの首元から見えにくくなっています。また、「in. T」は後ろ襟ぐりも少しえぐって深くなっています。

おわりに

今回はGUNZE(グンゼ)Tシャツ専用インナー「in. T」汗取りパッド付Tシャツをご紹介しました。

ご紹介した「in. T」とエアリズムは色々と特徴が違っています。

夏のインナー選びの参考になりましたら幸いです。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です