コラム

服の買い物で失敗を減らすコツとは?

服の買い物での失敗は、「一目惚れして衝動買いしたけれど、家に帰って鏡の前で着てみたらイメージと違った」「セール価格に惹かれて買ってしまったけれど、着心地が悪く結局あまり着なかった」など、様々なものがあります。

私も今まで買い物の中で数々の失敗を繰り返してきましたが、色々試行錯誤した結果、失敗を減らすことができました。(たまに失敗しますが……)

完全に失敗を無くすことは出来ませんが、なるべく減らすことはできます。

今回は、私が意識している服の買い物で失敗を減らすコツをご紹介します。

服の買い物で失敗を減らすコツとは?

予算を決めておく

買い物に行くと、セールでの値引きが魅力的に見えたり一目惚れした服を衝動買いをして予期しない出費が発生します。

それを防ぐため、あらかじめ服に掛けられる予算を立てておきます。

月に○千円まで、あるいは年に○万円までと決めておくと、無駄にしないように真剣に選ぶようになり、予定にない買い物を減らすことができます。

「せっかく買い物にきたのに何も買わないなんて……」、「安くなってるから買わないと損をする」などと思わずに、時には買わない勇気も必要です。着ない服を買うことが一番の損です。

予算を意識し自制心を持ちましょう。すると、限られた予算の中で最も良いもの・必要なものを選ぶ目が鍛えられますので、失敗を防ぐことができます。

事前に買うものを決めておく

買い物をする前に、事前に買う物を決めておきましょう。

例えば、「今日はネイビーのTシャツを買おう」と決めたら、その日はネイビーのTシャツのみに焦点を当てて、自分にとってベストなものを探します。

ベストなものとは、予算内サイズがぴったり着心地が良い手持ちの服とコーディネートできるなどです。

良いものが見つかれば購入しますが、見つからない場合は購入しません。

購入する際も、即決はせずに一度家で考える時間を取るのも一つの手です。

探すのに根気が入るので大変ですが、妥協して購入してしまうと、後々着なくなることが多くなるので失敗の元です。

細かく決めずとも、おおまかにでも買う物の色やアイテムを決めておけば、失敗は減らせます。

試着を徹底する

歳を重ねると、体重が増えたりお腹が出たり、若い時の体型と違ってきます。

昔からMサイズだから同じサイズを買っておけばいいや、と思って買い物をしてしまうと、今の体型には合わず小さいなど、色々問題点が出てきます。

既製服から自身に合った服を見つけるためには試着が大事です。

試着を面倒だと思うかもしれませんが、ここを疎かにすると結局着ない服が増えてしまします。

それぞれのブランドやメーカー、またアイテムによって、同じサイズ表記でも実際の寸法はバラバラです。

実際に試着をして、鏡の前で前・横・後ろなどのシルエットを見たり、腕を上げ下げして窮屈なところがないかなど確認します。

既製服ですので多少の妥協は必要ですが、各々に妥協できないポイント(窮屈で動きにくいなど)があると思いますので、そこを外すときは買わない勇気も必要です。

店員さんには相談に乗ってくれる方もいますので、サイズなどについて質問してみましょう。

試着を繰り返すことによって、自身の体型を良く見せてくれるポイントなどが徐々に把握できますので、そこを覚えておくと今後自分での判断基準が出来上がります。

是非色々試着をしてみて、自分の体型にあったブランドやメーカーを見つけましょう。

オンラインショップは返品できるところで買う

私は、実店舗以外にオンラインショップも良く利用します。

返品が出来ないサイトもありますが、最近では自宅での試着を前提とした返品が出来るオンラインショップも増えてきています。(Amazon・ZOZOTOWN・Baycrew’s Storeなど)

写真が良くても、実際の生地の質感・サイズ感などは分かりませんので、実物の確認が必要です。

届いた商品を手に取って確認して、買い物の失敗を減らすためにも、オンラインショップは返品可のサイトを選びましょう。

返品送料が無料または自己負担など、各サイトでルールは異なりますので、あらかじめ調べておきましょう。自宅で納得行くまで試着して、サイズが合わない・気に入らない場合は面倒でも必ず返品しましょう。

実店舗で店員さんに気兼ねして試着がしにくい方は、返品可のオンラインショップがおすすめです。

おわりに

今回は私が意識している、服の買い物で失敗を減らすコツをご紹介しました。

少しでもお買い物の参考になりましたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です