その他

【Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディをレビュー

足の疲れ・靴擦れ解消に【NEW BALANCE/ニューバランス】インソールRCP150をレビュー

サイズの大きいスニーカー対策に、ニューバランスのインソール(中敷き)を購入して非常に快適に使用しています。

今回は別のスニーカーに使用する目的で、amazonで評価の良いインソール、Dr.Scholl(ドクターショール)ジェルアクティブ インソール エブリディを購入しましたのでご紹介します。

【Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディとは

Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディ

ドクター・ショールとは

100年前から続く、足の専門ブランド フットケア専門ブランドのドクター・ショールは、米国人医師ウィリアム・ショールにより、医学的な知識と数多くの臨床的経験をもとに1904年に創立されました。

製品の第1号は、土踏まずをサポートして足の疲れを軽減する「フレキソフォーム」。その発売から100余年、フットケア専門ブランドとして製品開発を続け、現在ではヨーロッパをはじめとする世界の100カ国以上の国々で愛用されています。

公式サイトより引用

今回ご紹介するのは、フットケア専門ブランドDr.Scholl(ドクターショール)から販売されているインソール(中敷き)です。

ドクターショールのインソールは目的別に3種類あり、毎日の歩行と日常生活に適した「エブリディ」、ハードな立ち仕事に適した「ワーク」、スポーツや酷使する足に適した「アクティブプラス」があります。

サイズはそれぞれ、Sサイズ (22.5cm-26.0cm) とMサイズ(25.5cm-29.5cm) があり、使用する靴のサイズに合わせてハサミでカットして使用します。

私は日常生活・歩行で使用する目的で、ジェルアクティブ インソール エブリディのMサイズを選びました。

Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディ 表面Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディ 裏面表面はライトブルーのさらさらとした素材で足すべりが良く、裏面には商品名の通りジェル素材が使われています。

かかと部分はやや厚く硬めのジェル素材で、歩行の衝撃を吸収して足への負担を軽減します。指の付け根部分は柔らかめのジェルで、クッション性に優れています。

Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディ かかと全体がジェル素材のぐにぐにとした感触で、かかと部分はやや傾斜のあるカップ形状になっています。

Dr.Scholl/ドクターショール】ジェルアクティブ インソール エブリディ カットつま先部分にサイズのガイドライン(アルファベットで記載)があり、それに沿ってハサミでカットして使用します。

私は27~27.5cmのスニーカーに使用する予定ですが、やや大きめにD(28cm)のラインでカットしました。

ニューバランスのインソールと比べても大きいので、足のサイズが大きい方にも対応しています。

※写真のインソールは共にカット前の状態です

ジェルアクティブ インソール エブリディをスニーカーに入れて使用

以前ニューバランスのインソールを入れたスニーカーに、今回のインソールと入れ替えて使用感を比較しました。

スニーカーに装着する際は、ジェル素材のすべりが悪いため少し手間取りましたが、装着してしまえばスニーカーの中でずれることもありません。

実際に履いて歩くと、確かに歩行の衝撃も和らいで足への負担が減り、クッション性も良かったです。長時間歩く際には、より性能を感じられると思います。

ただ、個人的にはジェルの柔らかい感触に少し違和感がありました。履いているうちに慣れてくるのかもしれませんが、以前購入したニューバランスのインソールの硬めの包み込む感触の方が好みでした。

商品の性能自体は良いので、足当たりの柔らかい感触が好みの方にはおすすめです。

※今回はスニーカーに使用しましたが、革靴やブーツなどにも使用できます

おわりに

今回はDr.Scholl(ドクターショール)ジェルアクティブ インソール エブリディをご紹介しました。

私の好みの履き心地とは少し違っていましたが、性能は問題ないので継続して使用してみようと思います。

ドクターショールの他のインソールはまた違った履き心地だと思うので、いずれ試してみる予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です