靴擦れでくるぶしの下が痛い場合の対策に【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドがおすすめ

新品の革靴を履いた際に起こりがちな、くるぶし下の靴擦れ

くるぶしの下部分が靴の縁に当たってしまいとても痛く、そのまま履き続けると皮膚がめくれたり下手をすると血が出てしまいます。

私は新しいローファーを履いて出掛けた際に靴擦れを起こし、くるぶし下が血塗れになったので絆創膏を貼って応急処置をした覚えがあります。

デザインが気に入った靴でも痛くて履けないのはもったいないので、靴擦れを防ぐための対策が必要です。

今回は、くるぶし下の靴擦れ対策に有効な、DAISO(ダイソー)かかと用ジェルパッドをご紹介します。

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドとは

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドDAISO(ダイソー)かかと用ジェルパッドは、靴のかかと部分に入れるハーフインソール(半中敷き)です。

価格は110円(税込)で、インソールなどの靴用品コーナーで販売されています。

男性用のワンサイズで、商品説明には衝撃吸収や歩行をサポートと記載されていますが、今回はくるぶし下の靴擦れ対策にかかと部分を底上げする目的で使用します。

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッド 【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッド表面はスエード調の起毛素材で、柔らかい肌触りですので履き心地も問題ありません。

裏面は吸着面で、突起状のすべり止めが付いているので靴の中でずれないようになっています。

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッド 【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドかかと部分にかけて厚くなっていて、底上げすることでくるぶし下に靴の縁が当たらないようにします。

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドの使用前

ローファー くるぶし下の靴擦れくるぶし下の靴擦れジェルパッドの使用前ですが、くるぶしの下部分が靴の縁に当たって少し赤くなっています。

このまま履き続けると靴擦れがひどくなりますので、ジェルパッドを靴の中に敷いて底上げします。

【DAISO/ダイソー】かかと用ジェルパッドの使用後

ジェルパッドを使用後のローファー使用方法は簡単で、ジェルパッドをかかと部分に敷くだけです。

裏の吸着面が汚れていると靴の中でずれる恐れがあるので、汚れた場合は水で薄めた中性洗剤(エマールなど)で拭き取ります。

くるぶし下の靴擦れを改善ジェルパッドを使用することでかかと部分の底上げができました。少し分かりにくいですが、靴の縁に当たって赤くなっていた部分が上に離れています。

たった数ミリの差ですが、くるぶし下が靴の縁に当たらなくなり、靴擦れが改善されました。これで安心してローファーを着用できます。

私の場合、ジェルパッドを使用したことで靴が脱げやすくなったことはありませんが、靴によっては底上げされたことで履き口が浅くなるので注意が必要です。

おわりに

今回は、くるぶし下の靴擦れ対策に有効な、DAISO(ダイソー)かかと用ジェルパッドをご紹介しました。

お気に入りの靴でも靴擦れをしてしまうと履かなくなってしまいますが、対策をすることで快適に履くことができます。

DAISO(ダイソー)かかと用ジェルパッドは価格も安いので、靴擦れにお悩みの方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です