【NEW BALANCE/ニューバランス】CM996 RDをレビュー

最近運動不足のためウォーキングを始めましたが、ウォーキング用の靴を持っていないのでコンバースのオールスターで歩いていました。

少しの距離なら問題ないのですが、クッション性がないためか、長時間歩いていると足と腰が痛くなってしまいます。

そこで、以前より気になっていたスニーカーで、歩き易いと評判のNEW BALANCE(ニューバランス)のCM996 RDを購入しましたので、実際の使用感とコーディネート例をご紹介します。

【NEW BALANCE/ニューバランス】CM996とは

NEW BALANCE(ニューバランス)996

「99X」シリーズの第3弾として1988年に舗装された路面でのランニングシューズとして誕生した「996」。
その履き心地、デザイン性により、ニューバランスを代表するスタンダードとして現在まで長く愛されるロングセラーモデルとなっています。
その「996」のLifestyleモデルとして新たに「CM996」が登場。

従来のLifestyleモデル「MRL996」よりもオリジナルのMade in U.S.A.「996」のシルエットを細部まで精緻に再現しました。

公式サイトより引用

NEW BALANCE(ニューバランス)のCM996はロングセラーの定番モデルで、男女問わず人気があります。

少し細身の形が特徴で、ウォーキング用途だけでなく普段のファッションにもお洒落に活用できます。

Made in U.S.A.の996もありますが、今回購入したのはCM996RD(グレー)というインドネシア製で、アッパー部分がメッシュではないオールヌバック仕様のものです。

今回の購入にあたり、ニューバランスで同じく人気の、ML574も実際に試着して検討しました。

両方とも同じ足囲のDウイズなのですが、ML574の方がやや丸みを帯びた形で幅が広く感じ、CM996の方がつま先がすっきりとした形で程よい締め付けがあり、私の足に合っていると感じました。

また、ML574はミッドソールの素材が不安だった(後述します)ので、少し価格は高いですがCM996の購入に至りました。

各部を確認

明るめのグレーですが、オールヌバック素材のため落ち着いた風合いです。

サイドの「N」ロゴ部分は光を反射するリフレクター仕様になっています。

かかと部分にnew balanceのロゴ入り。

凹凸の浅めな平らなソールで、街歩きに適しています。

中敷きにはPUインソール(ポリウレタン)が入っています。

ポリウレタンは加水分解により数年で劣化するので、長年スニーカーを履き続けるには都度交換していくことになります。

CM996のミッドソールに使用されているのは、C‐CAP(シーキャップ)というEVA素材(合成樹脂)を圧縮形成したもので、クッション性・耐久性があり、軽量化を実現しています。ポリウレタンを使用していないため、加水分解し難くなっています。

ML574のミッドソールはEN-CAP(エンキャップ)で、クッション性に優れるのですが、ポリウレタンを使用しているため数年で加水分解を起こします。

私は長く履きたいので、ミッドソールにポリウレタンを使用していないCM996を選びました。

CM996を履いて歩いてみた感想

試し履きのつもりでウォーキングに履いてみたのですが、予想以上にクッション性が良く、靴自体も軽いので歩き易かったです。

歩くのが楽しくなり、結局2時間弱歩きましたが、足も腰も痛くなりませんでした。

今後もウォーキングに限らず、旅行など長時間歩く際には活用する予定です。

NEW BALANCE(ニューバランス)CM996 RDのコーディネート

NEW BALANCE(ニューバランス)996 コーディネートNEW BALANCE(ニューバランス)996 コーディネートNEW BALANCE(ニューバランス)996 コーディネートスポーツ要素を取り入れたコーディネートに馴染み易いスニーカーです。

カットソーやパーカーなどのラフな服装にも、落ち着いたグレーのヌバック素材が上品な印象を与えます。

コーディネート例では、白~グレーでまとめて統一感を出しています。

おわりに

今回はNEW BALANCE(ニューバランス)のCM996をご紹介しました。

歩き易く、見た目も細身で恰好良いスニーカーですので非常に気に入っています。

おすすめの商品ですので、スニーカーをお探しの方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です