ボトムス

大人にこそ似合う【ブルージーンズ(デニム)】のメンズコーデを紹介

ボトムス(パンツ)は、トップスと比べると目に付きにくいアイテムですが、コーディネートの印象を左右する重要な役割があります。

ワードローブを形成する中で持っておくと便利なボトムスはいくつかありますが、今回はその中から「ブルージーンズ」の特徴と選び方、参考コーディネートをご紹介します。

大人にこそ似合う【ブルージーンズ(デニム)】

ブルージーンズ

ブルージーンズ(デニム)の特徴と選び方

カジュアルスタイルに欠かせないブルージーンズは、ワードローブに1本は持っておきたいボトムスです。

Tシャツやパーカーなどのカジュアルなアイテム以外にも、ジャケットに合わせてカジュアルダウン(きれい目なコーディネートを少しラフに見せる)するなど幅広くコーディネートできる汎用性が魅力です。

ジーンズは元々は作業着が由来ですので耐久性に定評があり、近年ではストレッチ素材のものが増えているので動きやすさ・履きやすさが向上しています。

ブルージーンズの選び方ですが、極端な色落ち加工や、穴空き・パッチワーク・ペイントなどダメージ加工がきついものは、カジュアルになり過ぎて子供っぽくなってしまうので避けた方が無難です。

ほとんど色落ちしていないワンウォッシュジーンズは、カジュアルなジーンズながらも品よく見え、着用に伴う経年変化も楽しめます。少し色落ちしたジーンズを選ぶと地味になりすぎないのでコーディネートのアクセントになります。どちらもコーディネートしやすく便利です。

ジーンズの形は細過ぎず太過ぎないシルエットの、スリム~ストレートを選ぶと似合う人を選ばず使いやすいです。スキニーなどかなり細身のぴったりしたシルエットのものは現在主流ではなく、似合う人を選ぶのでおすすめできません。

裾に向かって細くなるテーパードシルエットを選ぶと、足の形が綺麗にかつ長く見えるので、身長の低い方などにおすすめです。

ブルージーンズ ワンウォッシュワンウォッシュの色落ちのない濃紺ジーンズは、カジュアル過ぎず品よくコーディネートできます。少しだけ細身のものを選ぶとすっきりと見えるのでおすすめです。

ブルージーンズ 色落ち色落ちしたジーンズは、無地などのきれい目なアイテムと合わせると子供っぽくならず落ち着いた印象のコーディネートになります。写真のジーンズのように、裾に向かって細くなるテーパードシルエットは足の形が綺麗に見えます。

ブルージーンズ(デニム)のコーディネート/10パターン

ブルージーンズはコーディネート次第で印象が変わります。大人の男性に似合うコーディネートを意識しましたので、是非参考にしてみてください。

ブルージーンズ コーディネート最もベーシックな白いTシャツとのコーディネートは、シンプルな合わせですので腕周りには時計やシンプルなバングルを付けると単調な印象になりません。

ブルージーンズ コーディネートTシャツを半袖ニットに替えてローファーを合わせると、カジュアル過ぎないシックな印象のコーディネートになります。

ブルージーンズ コーディネートボーダーバスクシャツとジーンズは、春夏らしい爽やかなカジュアルスタイルで女性受けも良い印象です。

ブルージーンズ コーディネートネイビーのカーディガンを合わせたリラックス感あるコーディネートは、春夏にはインナーをホワイト、秋にはインナーをベージュやブラウンにすると季節感を演出できます。

ブルージーンズ コーディネートブルージーンズはブラウンのアイテムとも相性が良く、落ち着いた雰囲気のコーディネートになります。

ブルージーンズ コーディネートネイビージャケットに色落ちしたジーンズを合わせてカジュアルダウンしたコーディネートは、ジャケット・インナー共に無地のネイビーを合わせて、ジーンズのラフな印象を抑えています。

ブルージーンズ コーディネートワンウォッシュジーンズにネイビーの無地Tシャツ、ネイビースニーカーを合わせたオールネイビーのコーディネートは、同じネイビーでもそれぞれのアイテムで素材感が変わるので、のっぺりした印象にはなりません。

ブルージーンズ コーディネートネイビーのシャツとローファーを合わせたシンプルで品のあるコーディネートですので、年齢を問わず好印象です。

ブルージーンズ コーディネート同系色でまとめているので、少しクセのあるストライプのジャケットにもジーンズは馴染みます。

ブルージーンズ コーディネートブラウンライダースにインナーとボトムスはネイビーを合わせた、大人のカジュアルスタイルです。秋冬はインナーをハイゲージニットに替えてもお洒落です。

おわりに

今回は、持っておくと便利なボトムスとして、「ブルージーンズ」をご紹介しました。

ブルージーンズはコーディネートの幅が広く、通年使える便利なアイテムです。

コーディネートは無地を中心とした同系色のネイビーアイテムを多く選び、再現性を意識しました。合わせるアイテムにプリントや柄を少なくすると、大人に似合うコーディネートになります。

少しでもコーディネートの参考になりましたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です