ボトムス

着こなしがシックになる【ブラックスラックス】のメンズコーデを紹介

大人にこそ似合う【ブルージーンズ(デニム)】のメンズコーデを紹介

きれいめな着こなしに最適な【ホワイトジーンズ】のメンズコーデを紹介

ワードローブを形成する中で持っておくと便利なボトムスとして「ブルージーンズ」「ホワイトジーンズ」をご紹介しました。

今回は、その他に持っておくと便利なボトムスとして「ブラックスラックス」をご紹介します。

ブラックは元々フォーマルな色ですので使いにくい印象があるかもしれませんが、コーディネートに取り入れるとシックで引き締まった着こなしになります。カジュアルになり過ぎないので使い勝手がよい便利なアイテムです。

ブラックスラックスを用いたコーディネートも掲載しますので、是非参考にしてみてください。

着こなしがシックになる【ブラックスラックス】

ブラックパンツ

ブラックスラックスの特徴と選び方

ブラックスラックスは、ブルージーンズやホワイトジーンズに比べるとフォーマルな印象で、使いにくいイメージをお持ちかもしれません。しかし、他のアイテムがカジュアルでもシックで上品なバランスにまとまるので、色々なスタイルに馴染む汎用性の高いアイテムです。

暗い色なので春夏には不向きに見えますが、合わせるアイテムをホワイトなどの明るいものを選びバランスを取れば問題ありません。コーディネート次第で、季節に関係なく着用できます。

スラックスに限らずブラック系のボトムスはシミなどの汚れは目立ちにくいですが、ホコリが付いた場合は目につきやすいので注意が必要です。素材が起毛していたり、静電気が原因でホコリが付きやすい場合がありますので、できれば店舗などで確認することをおすすめします。もしホコリが目立ちやすいものを購入してしまったら、掃除用具のコロコロがあれば手軽にホコリを取れるので便利です。

ブラックスラックスの選び方ですが、フォーマルになり過ぎないように少しだけゆとりのあるシルエットのものがおすすめです。

センタークリースが入っていているのでシックな印象で、裾をノークッション(たるみ無し)で仕上げるとコーディネートがすっきりとスタイリッシュに見えるのでおすすめです。

ブラックスラックスブラックスラックスは手軽にシックな雰囲気を演出できます。ウール素材以外にも、ポリエステルやレーヨンを混紡した化学繊維のものあります。春夏には薄手の乾きやすい機能性素材のものがおすすめです。

ブラックスラックス ブラックスラックスウエスト部分がドローコード(引き紐)で調整出来るものや、後ろ部分がゴムになっていて履きやすくなっているものもあり、カジュアル用途で履きやすくなっています。

ブラックスラックスのコーディネート/14パターン

シックな着こなしを意識したブラックスラックスを用いた参考コーディネートを掲載しますのでご覧ください。

ブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネート夏の半袖スタイルの場合には、トップスにホワイトを持ってくると暗くなり過ぎないのでおすすめです。カジュアルなプリントTシャツの場合でも少しシックな印象に変わり、ニットの場合はより大人らしい雰囲気になります。

ブラックパンツ コーディネートホワイトとブラックのボーダーシャツとブラックパンツを合わせると、フランス風のカジュアルで知的な印象のコーディネートになります。

ブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネートトップスにシャツを合わせた場合、それぞれのシャツで印象が変わります。

ホワイトシャツは上下でメリハリがあり、シンプルかつ清潔感があります。デニムシャツは、ブラックパンツを合わせることでカジュアルさが抑えられるので、少し品のある雰囲気になります

ブラックパンツ コーディネートカジュアルなパーカーに合わせても、だらしくなくなり過ぎません。明るめの色を選んでコントラストを付けたほうが単調な印象になりにくいです。

ブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネートブラックパンツ コーディネートブラウン・ブラック・ホワイト・ベージュ、それぞれの色のカーディガンと合わせたコーディネートですが、インナーにホワイト地のものを選んで明るさを取り入れるとコーディネートが容易です。

ブラックパンツ コーディネートホワイトTシャツとブラックパンツにGジャンを合わせたコーディネートは、男性だけでなく女性でもよく見かける定番の合わせ方です。

ブラックパンツ コーディネートジャケットスタイルに合わせてもブラックパンツは馴染ます。プリントTシャツのブラックとパンツの色を合わせておくと、コーディネートによりまとまりが出ます。

ブラックパンツ コーディネートハードなイメージのライダースジャケットには、シックなスラックスでバランスを取ると品よくまとまります。

おわりに

今回は、持っておくと便利なボトムスとして、「ブラックスラックス」をご紹介しました。

あまり細身過ぎないものを選ぶのがコツです。少しでもコーディネートの参考になりましたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です