トップス

季節を問わず使える【バスクシャツ(ボーダーシャツ)】のメンズコーデを紹介

バスクシャツ(ボーダーシャツ)は、編目の詰まった厚手の生地を使用し、衿はボートネック(船底のように広く開いた形)、柄はボーダー(横縞)柄が特徴の9分袖のカットソーです。

元々はフランス・スペインにまたがるバスク地方の漁師や船乗りが着ていたワークウェアで、フランス海軍にも採用されたフレンチカジュアルの代表的アイテムです。

ワークウェア・ミリタリーウェア由来なので丈夫さに実績があり、何度も着込んで洗いを掛けていけば体に馴染んでいくのも特徴です。

爽やかな見た目で特に春夏に活躍するアイテムですが、色や合わせる服を選べば春~夏、そして秋口も使えるアイテムでもあります。

今回は季節を問わず使えて便利な、バスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネートをご紹介します。

季節を問わず使える【バスクシャツ(ボーダーシャツ)】のメンズコーデ

バスクシャツ(ボーダーシャツ)

ホワイト×ブルー/バスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネート

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネートホワイト×ブルーのバスクシャツを色落ちしたブルージーンズと合わせたコーディネート。

春夏らしい爽やかさで、同じワークウェア由来のジーンズとの相性は良いです。流行り廃りのない定番スタイルですので年齢を問わず着用いただけます。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート同じくジーンズを合わせていますがこちらは色落ちなしのジーンズで、カジュアルさが減り少しシックな印象になります。

足元はスニーカーを合わせていますが、ローファーを合わせてもお洒落です。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート

Gジャンと合わせたコーディネート。バスクシャツはインナーとしても重宝します。

基本的にボーダーに使用されている色(この場合はホワイトとブルー)を使って合わせれば、コーディネート全体に統一感が出るのでおすすめです。

ホワイト×ブラック/バスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネート

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネートホワイト×ブラックのバスクシャツとホワイトジーンズをコーディネート。

全体的にホワイトの面積が多くなるので少し人を選びますが、清潔感と爽やかが特徴のコーディネートです。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート

パンツをブラックに替え、足元はスエードローファーをコーディネート。

カジュアルなバスクシャツですが、合わせるアイテムによって上品な印象に変わります。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート

上にパーカーを羽織るとリラックスした雰囲気で、インナーから除くボーダーがアクセントになるコーディネートです。

ブラック×ホワイト/バスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネート

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネートブラック×ホワイトのバスクシャツとブラックパンツ、ブラックローファーとコーディネート。

ブラックの面積が大きく、モノトーンのコーディネートですので都会的で落ち着いた印象です。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネートパンツをスラックスに替えた、大人らしいきれいめカジュアルスタイル。

足元はホワイトのスニーカーを合わせると抜け感(着崩し)があり、コーディネートに軽さが出ます。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート

上にカーディガンを着て、スラックス・ローファーと合わせるとかなり上品な印象に変わります。

細めのボーダー幅が程よいアクセントになり、大人の休日着にぴったりです。

ホワイト×グレー/バスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネート

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネートホワイト×グレーのバスクシャツとグレースラックス、ホワイトスニーカーをコーディネート。

清潔感のある柔らかな印象のコーディネートです。図書館が似合いそう?です。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート

ライトグレーの色落ちしたジーンズと合わせたコーディネート。

ジーンズの激しめの色落ちを、バスクシャツが和らげて見せてくれます。

バスクシャツ(ボーダーシャツ) コーディネート上にライトグレーのパーカーを羽織ったコーディネート。

全身ホワイト~グレーの薄い色味で、あまり人と被りにくい色の合わせ方です。

おわりに

今回はバスクシャツ(ボーダーシャツ)のコーディネートをご紹介しました。

ご紹介した色以外にも、色のバリエーションが多いアイテムですので選ぶ楽しみがあります。お手持ちの服に合わせやすい色を選べば活躍すること間違いなしのアイテムです。

今回ご紹介したコーディネートにはありませんが、ジャケットのインナーに使っても程よくカジュアルに見えるのでおすすめです。

一枚持っておくと便利なアイテムなので、ワードローブに採用してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です